ショッピング枠現金化で怖いトラブル

クレジットカード現金化と様々なトラブル

急な事情で現金が必要になった場合、身近に存在するサービスの1つがクレジットカードショッピング枠の現金化です。
しかし、利用を検討しているほとんどの方がお気づきの様に、様々なトラブルに巻き込まれる危険性も孕んでいます。
一体どのようなトラブルが起こり得るのか。
クレジットカード現金化と実際に起こっているトラブルに関して紹介します。

▼ 目次

2つの利用方法

クレジットカードは、基本的に買い物の為に所持している方が多いのではないでしょうか。
また、キャッシング枠を利用するために所持しているという方も少なくないでしょう。
クレジットカードには、買い物代金の後払いというメリット以外にもキャッシングを行うことが可能であり、少額であれば現金の借入れが可能です。
少しの現金であれば、キャッシング枠を利用することがおすすめです。
ただし、定められたキャッシング枠を使い切ってしまえば、借入れは出来なくなります。
高額な現金が必要な場合や、短期間で現金が必要であった場合の手段の1つが、クレジットカードのショッピング枠を現金化するという方法なのです。

ショッピング枠を現金化する方法

現金化を行う方法は主に2通り、買い取り方式とキャッシュバック方式と呼ばれる方法です。
現金を手に入れることは可能ですが、当然、後にクレジットカード会社から支払い請求が来ます。
現金化した金額をすべて手に入れることは不可能であり、業者への「換金」手数料が必要です。
そのため、クレジットカード会社への支払い(返済)金額の方が高額となります。

クレジットカード現金化が出来ない?

現在、クレジットカードショッピング枠の現金化が問題視されています。
規約に定めることは前提として、クレジットカード会社でも対策を取っているのです。
カード会社によりますが、ショッピング枠で金券を購入する場合の金額を制限している場合もあります。
また、カードの使用方法に不審な点が見られる場合、利用停止の措置が取られます。
不審な点とは、ショッピング枠内ではあるものの、何度も回数券やギフトカードを購入しているなどといった行為です。
最終的には退会処分となる場合もあります。

支払いを拒否出来ない

高額な手数料(金利)を取られても、その手数料分を含めて支払いを拒否する事は出来ません。
まずクレジットカードの利用料に関して、クレジットカードのショッピング枠を現金化すること自体がカード会社の規約違反となるため、カード会社への申し立ては不可能であると考えておきましょう。
現金化業者に高額な手数料を取られてしまった場合も、どこにも申し立てを行うことは出来ないと考えておく必要があります。

消費者金融であれば、年利20%以上が必要となれば金融庁等に申し出て対処をしてもらうことも可能です。
支払った後であっても、訴えることが出来ます。
しかし、クレジットカード現金化業者の場合は、消費者金融とは異なるビジネスになります。
現金化業者に対する法律が無いため、行動を起こすことも出来ません。
そのため、必要となった手数料や商品代金は確実に支払うほかないのです。

個人情報を悪用される

クレジットカードの現金化を行う際には、必ず個人情報の提出が必要となります。
個人情報の提出とは、本人確認書類です。
クレジットカード情報が必要な場合もありますが、クレジットカードを悪用される場合があるため提出には慎重になりましょう。
提出した個人情報は、別の悪徳業者へと転売される可能性があるのです。
詐欺等に利用される場合もあります。
オレオレ詐欺など、家族が巻き込まれる危険性もあるのです。
しかし、クレジットカード現金化業者を利用する以上、本人確認書類だけは必ず必要となります。
個人情報が悪用される危険性も考えた上で、業者への申し込みを行いましょう。

お金が支払われない

商品を購入し、手数料を差し引いた金額が支払われるという方法で業者を利用した場合、最も多いトラブルは、現金が支払われないというものです。
指定された日に入金がなく、問い合わせをしてみても繋がらないというケースもあります。
中には、個人情報を流出させるなどと脅されるといった例もあります。
現金化を行うことによって、予想もしていなかったトラブルに巻き込まれることもあり得るのです。

現金化業者はしっかりと見極めよう

現金化の方法は様々ですが、まずはクレジットカードが利用停止・退会処分となるリスクを理解しておきましょう。
その上でクレジットカード現金化業者を利用する場合のトラブルについても可能性を考えておく必要があるのです。
高額な手数料が必要となる場合があり、支払い請求は拒否が出来ないという点。
また、必ず提出することとなる個人情報が悪用される危険性などです。

悪徳業者と優良業者が混在しているため、見極める力が必要になります。
様々なトラブルの可能性を視野に入れ、業者選びと現金化サービスを利用しましょう。