ショッピング枠の現金化でカード停止も

HOME » 現金化の怖いとらぶる » ショッピング枠の現金化でカード停止も

ショッピング枠の現金化でカード停止も

クレジットカードで決済すると、欲しい商品を購入してもその場で現金が必要にはなりません。
特定の引き落とし日まで、現金の支払いを後払いする方法で代金の支払いが可能になるカードです。
急ぎで現金が必要な時にクレジットカードのショッピング枠を利用して現金化するという方法があります。

しかし、クレジットカードのショッピング枠を現金化するという行為は、発覚した場合、後払いをする権利を失う事になります。
違法ではないものの、すべてのクレジットカード発行元の会社では、権利を失う点について規定をしているのです。

また、クレジットカードのショッピング枠を現金化した決済分に関しては、即一括払いとなることも理解しておきましょう。
クレジットカードのショッピング枠を現金化した事が発行会社に伝わった場合、即一括払いをしなければならないだけではありません。
一括払いの後は、カード停止の措置が取られ退会処分となる場合が多いです。
大きなブランド程、このカード措置までの対処は早く、厳しくなる事を理解しておきましょう。

現金化は、何らかの事情で現金が必要となった場合に、非常に便利に利用出来るシステムではあります。
ただし、規約違反やカード停止以外でも、リスクやペナルティが考えられます。
この内のリスクとは、現金化業者とのトラブルも起こり得ます。
当然のことではありますが、現金化業者は自分たちが誠意をもって対応をする事を謳っています。
ただし、悪徳業者が存在していることも事実です。

悪徳業者は、契約の際に手に入れた契約者の個人情報を別の業者に売るなどという可能性もあります。
街中で見かけるような雑居ビルに入った業者に依頼をするなど、事前に業者を調べることなく利用をすることは避けましょう。
現金化を考えた場合、まずは現金化を請け負う業者選びを慎重に行います。
リサーチを行うことに、数時間という時間はかかりません。
トラブルを避けるためにも、クレジットカード会社の規約を理解した上で優良な業者を見極めましょう。