ショッピング枠現金化、悪質業者の手口

HOME » 現金化の怖いとらぶる » ショッピング枠現金化、悪質業者の手口

ショッピング枠現金化、悪質業者の手口

クレジットカードの詳細な情報をショッピング枠現金化の悪質業者に渡してしまった場合、起こり得るトラブルとはどの様なトラブルがあるのでしょうか。
実際に多いトラブルは、決済金額と送金額が異なるというトラブルです。
例えば、契約を結んだ段階では決済額が15万円であった場合、カード会社から送られてきたクレジットカードの利用明細書には30万円など、倍の決済金額が提示されるというものです。

クレジットカード情報が悪質業者の元にあるために、ショッピング枠の残高分はクレジット決済が可能という状況になるのです。
そのため、クレジットカードの不正利用の被害に合うというケースは非常に多く見られます。
これは送金時にも同様に見られます。
決済額が20万円で19万円を送金される予定が、実際に送金された金額は10万円であるなどというケースもあります。

しかし、この様にクレジットカードの不正利用被害に遭ってしまっても、被害届を出さない方が多いのです。
何故大きな金額の被害を受けたのにも関わらず、被害届を出さないのでしょうか。
その理由は、ショッピング枠現金化自体、カード会社が定める利用規約違反となるため。
現金化を目的としてクレジットカードのショッピング枠を利用したことが知られてしまうと、その後該当のクレジットカードの利用は不可となってしまいます。
さらに、被害に遭ったカード以外のクレジットカードの利用に対しても、影響を及ぼす可能性もあるのです。

加えて、使用した分の支払い額は一括請求されることになります。
現金が必要となってショッピング枠現金化の業者を利用している以上、一括請求されてしまっては支払うお金もない状態ですね。
クレジットカードの使用が出来なくなる、現金が必要になるといった理由から、被害届を出さずに泣き寝入りをする事を選ぶ方が多いのです。
しかし、不正利用は立派な犯罪です。
この様な悪質業者を野放しにしないためにも、万が一被害に遭った場合には被害届を出しましょう。