ショッピング枠現金化で最も多い犯罪

HOME » 現金化の怖いとらぶる » ショッピング枠現金化で最も多い犯罪

ショッピング枠現金化で最も多い犯罪

クレジットカードのショッピング枠現金化するサービスを利用する際、起こり得る犯罪を予想し回避する必要があります。
実際に多い犯罪被害とは、どの様なものでしょうか。
起こりやすいトラブルの1つが、クレジットカードの不正利用被害です。

クレジットカードを使用して現金化サービスを利用する場合、取引を行う業者を決定したら申し込みを行います。
その後、本人確認が行われ手続きへと移ります。
申込みの方法は、どの業者であっても電話申し込みもしくはインターネットからの申し込みが主流となっています。
しかし、本人確認書類の提出は業者によって異なるのです。
この書類の提出によって、トラブルに巻き込まれる可能性が高いといえます。

ショッピング枠現金化サービスを始めて利用する場合、業者に言われるがまま書類を提出してしまうはず。
書類の中には、本人確認のための身分証明書だけではなくクレジットカード情報も含まれます。
クレジットカードは、裏面にある3ケタのセキュリティーコードと有効期限が分かってしまえば、簡単に利用が出来てしまいます。
現金化を行う業者へクレジットカード情報を提出してしまえば、業者はクレジットカードを不正利用することも可能という状況になります。
これは当然犯罪行為ですが、まずはこの様なトラブルに巻き込まれないようにすることが大切ですね。
ショッピング枠現金化業者選びを誤ってしまうと、不正利用の犯罪に使用される可能性が高いのです。

この様にクレジットカードの不正利用の被害を受けないようにするためには、クレジットカード情報を安易に渡さないことが重要です。
もしも、契約に進んだ段階で不自然な点がある場合、契約書は記入せず、本人確認書類も渡さずに現金化の申し込みを中止としましょう。
申し込みを中止したい旨を伝えることで、無理矢理に申し込みをさせられるということはありません。
少しでも不審な点があった場合、中止を申し出る勇気を持ちましょう。