ショッピング枠現金化で詐欺被害に

HOME » 現金化の怖いとらぶる » ショッピング枠現金化で詐欺被害に

ショッピング枠現金化で詐欺被害に

ショッピング枠現金化業者は、優良業者も多数存在しています。
しかし、最初から詐欺を目的として作られた業者や専門サイトも多数存在しているのです。
これらの悪徳業者でショッピング枠を現金化してしまうと、高額な手数料などといった話ではなく現金化自体が出来ないという詐欺事件も起こり得るのです。
現金として振り込まれることが無く、クレジットカードの支払いだけが残ってしまうということにもなります。

正当な方法でクレジットカードを利用している場合、クレジットカードを利用して代金を支払ったのにも関わらず商品やサービスに不備がある場合、クレジットカード会社に対して手続きを行うことによって支払いを拒否するという方法も可能です。
しかし、ショッピング枠現金化を行った場合、手続きや支払いに対して拒否は行えません。
現金化という行為自体が、クレジットカードの規約違反行為であるため、手続きを行えば自分が不利な立場になってしまうのです。
この様な悪徳業者に乗り込む勇気のある方も少ないでしょう。
そのため、ほとんどのケースが泣き寝入りとなります。

確実に信用が出来るといえる業者を探すことができるのであれば良いでしょう。
しかし、詐欺や違法行為を行う業者が非常に多い内容であるため、クレジットカードのショッピング枠を現金化するということは危険であるということをしっかりと認識しておきましょう。

違法性や危険性がありながら、クレジットカード現金化業者は減ることなく増え続けています。
悪徳業者とのトラブルに巻き込まれてしまえば、ショッピング枠の現金化といった話ではなく、現金化をする以前の状況よりも金銭的な状況が悪化してしまうことも考えられます。
悪徳業者は、一般の方が想像もしない方法でお金を採取するでしょう。
また、契約の際に渡した個人情報も悪用される危険性が高いのです。
そのため、現金化を急いでいる状況であっても業者の選定はしっかりと行いましょう。