ショッピング枠現金化は返済することを忘れずに

HOME » 現金化の怖いとらぶる » ショッピング枠現金化は返済することを忘れずに

ショッピング枠現金化は返済することを忘れずに

クレジットカードのショッピング枠を現金化するには様々な方法があります。
最も多い方法は、回数券の購入です。
しかし、回数券の現金化は繰り返し継続して行うことが出来るものではありません。
継続して現金が必要な場合や、高額の現金が必要となった場合、また、ショッピング枠現金化が‘癖’になってしまった場合など、回数券購入の次に行われる方法は、ブランド商品などの購入を現金化するという方法です。

換金率の高い回数券の場合であっても高金利。
ブランド商品などを買取してもらい現金化するという方法は買い取り率も下がります。
一時的に現金化に成功し安堵していても、ブランド商品の購入代金は現金でカード会社へ返済をしなくてはなりません。

クレジットカードには、現金化業者を利用する前に確認しておくべき機能があります。
クレジットカードとは、後払いで商品を購入したりサービスを受ける事が出来るだけではありません。
商品の購入といった一般的なサービスは「ショッピング機能」と呼ばれます。
しかし、他にもクレジットカードには「キャッシング機能」と呼ばれる利用方法があります。
ショッピング枠の利用が一般的であり、キャッシング枠の利用経験は無いという方も多いのではないでしょうか。
キャッシング機能でのキャッシング利用可能金額は、個人のクレジットカードによって異なります。
ただし、ショッピング機能もキャッシング機能も、必ず使用した分は手数料と合わせて返済をしなければなりません。
自身が現金で返済が可能な範囲をしっかりと見極めましょう。

カードの利用料金の返済が出来ず悪循環に陥ると、商品の購入を続けて現金を作り続けなければならなくなります。
これを繰り返すことによって、クレジットカードのショッピング枠は埋まってしまうのです。
キャッシング枠まで埋まってしまえば、ショッピング枠現金化が出来なくなり、別の方法で消費者金融などから借金を重ねることとなります。