自己破産に該当しない借金

HOME » 現金化の怖いとらぶる » 自己破産に該当しない借金

自己破産に該当しない借金

借りたお金が返せなくなった際の最終手段である自己破産。
消費者金融やクレジットカードの「キャッシング枠」でお金を借りた場合は、自己破産をする事で帳消しに出来ます。
万が一、ショッピング枠現金化の悪循環や様々な理由から自己破産となってしまった場合はどうでしょうか。
クレジットカードの現金化がきっかけで膨らんでしまった借金は、自己破産をした際に認めてもらえない場合もあります。

なぜ認めてもらえない場合があるかというと、クレジットカードのショッピング枠の現金化自体、違法性が問われている方法でもあります。
内容を理解して利用するのであれば、犯罪に加担も同然と言えるでしょう。
そのような方法で作ってしまった借金は、自己破産をしても帳消しには出来ないということです。
最終手段である自己破産であっても消すことが出来ない借金。
この様な借金を背負うかもしれないということを理解すると、ショッピング枠現金化とは気軽に利用出来るものでは無いということも分かるのではないでしょうか。

そもそも、クレジットカード会社ではショッピング枠の現金化を認めていません。
クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社の利用規約違反と定められていることには理由があります。
業者を通しても、個人で行ったとしても、ショッピング枠を現金化するという目的で利用をすることは規約違反です。
クレジットカードの支払いが終わっていない商品の所有権は、クレジットカード会社にあります。
購入した商品を支払い前に売ってしまうということは、他の人が所有するものを勝手に売るという事です。
これは詐欺であるともいえます。
書籍をクレジットカードで購入し、読み終えたため古本屋に売りにいくという事も、厳密にいうと実は規約違反にあたります。
換金目的ではない場合は、多少のことは目を瞑ってくれます。
しかし、何度も繰り返していると規約違反に気付かれてしまい、利用停止などの処分を受けることとなるのです。